税金を減らしたり繰り延べ

相談

資金に余裕を持たせる

個人であれば生活のためにお金が必要になります。会社なら事業運営のためにお金が必要になります。どちらもできればお金を残しながら生活や運営をしたいでしょうが、国の決まりとして納税があります。所得などに応じて支払う決まりがあるので、該当する申告をしてきちんと納税しなければいけません。ただ税金には例外などが設けられていて、例外に該当すれば納税の必要がなくなったり、納税を先延ばしにできるかもしれません。これらが節税対策になります。節税対策として使えるものとして保険があります。保険は万が一のためにかけておくサービスで、一定期間一定の支払いをしておくと将来のトラブルに応じて給付が受けられます。保険の中には課税するのが好ましくないと考えられるものがあり、一定の優遇措置が取られるときがあります。亡くなったときに受けるものだと生活費的な意味合いがあるので、課税されるとその目的が達成しにくくなります。そのために一定額までは課税されない仕組みなどがあり、節税対策を知っていれば、出ていくお金を減らせます。法人保険を節税対策として使える時があります。支払っておくと経費に算入でき、その分税金を少なくすることができます。受け取り方によって、掛金に近い金額が受けられるときがあり、経費に落とせた分を社内に残すことができます。法人における活用方法としては、将来的には支払うが通常の支払いが免除される繰り延べができるケースもあります。支払いを先にできればその分を経営に使うことができます。資金の余裕ができれば、投資などに使えます。

Copyright© 2018 家計診断で出費をカット【貯蓄額を増やしていく】 All Rights Reserved.