加入するメリット

保険プラン

節税効果があります

保険は個人で加入をした場合に支払った保険料に対して所得控除を受ける事が出来ます。これが保険料控除というもので損保、生保どちらにも控除できる枠が決まっています。サラリーマンであれば年末調整で申告する事になりますが、加入しているのであればしっかり申告する事で、支払っている分が所得税・住民税から控除される為に効果的な節税対策となります。保険の節税対策としての効果は生保では3つあります。それは年金・一般・介護の3つの保険料控除に分かれます。これは平成24年から改正され、現在は旧保険料控除と新保険料控除が併存する形になりますが、どちらにせよメリットは高く節税対策にはなります。それぞれの項目毎に控除できる金額が所得税が40,000円、住民税が28,000円と決まっていますが、3つ合わせれば所得税12万円、住民税が8万4,000円の控除が可能となります。最終的にいくらの軽減になったかはその人の所得から計算される税率によって決まってきますが、税率10%の方であれば2万近くが節税となります。せっかく保険料を支払って加入しているのであればこの節税メリットを享受する事が大切です。なおこの控除申告にあたっては保険会社から送られてくる控除証明書を添付する必要があります。まずはどの控除を使っていないのかを考えて、使っていない控除があればその項目に該当する商品を選択する事が節税対策においては重要なポイントとなります。

Copyright© 2018 家計診断で出費をカット【貯蓄額を増やしていく】 All Rights Reserved.